ひき逃げ事故、ナンバープレートの確認を

私が、中学生ぐらいの頃に買い物などの用事が終わって自転車で、自宅に帰る途中、狭い道路で、バイクの人にしかれそうになり、必死で避けたら、自分自身が転倒して、膝が血まみれになったことがあります。私は、けがして、とても痛いのに、バイクの人には、知らない顔をされ、あげくに逃げられてしまいました。

大丈夫?と言う一言もなかったです。あっ転んだけど、まぁいいかみたいな感じで、まるで、何事もなかったかのように、行かれて、酷いなと思いました。

流石に、痛かったのですが、立ちあがり、辺りを見回してみましたが、誰も、いないし、目撃者がいなかったので、残念です。

あの時、バイクのナンバープレートを見ようとしましたが、目が悪くてちゃんと番号がしっかり見えなかったです。

解決するために、見回して目撃者探すことと、バイクのナンバープレートを見ようとしたという行動しか取れなかったです。

結局は、誰もいないし、さっさと逃げられてしまいましたので、どうにも、できなかったです。

車や、バイクなどに、ひかれそうになって、自分が怪我した場合は、ナンバープレートをちゃんと見て警察に通報するようにしましょう。