中古の一戸建てを選んで後悔したこと

中古の一戸建てを選んだきっかけは高崎市の平均的な新築一戸建てよりも大幅に価格が安く、気軽に生活の拠点を作れるため便利だと感じたためです。中古は新築と比べると設備の耐用年数が短くなり、耐震構造でないと強い揺れなどで壊れる場合もあります。購入した物件は建設されて20年以上が経過しているため、新築と比べて安く広かったこともあり感動したものです。

中古の物件を選んで後悔したことはやはり壁の音漏れや水漏れなどが頻繁に起きやすく、修理を依頼しないといけないため余分な出費が増えたことです。住宅物件はその場しのぎで決めると様々な不具合が起きやすいもので、それぞれのメリットやデメリットを確かめて選ぶべきだと感じました。

中古の一戸建ては購入する時は価格が安くて敷居が低いと思われがちですが、いざ住んでみると設備に不具合が起きやすく出費が増えやすくて困ったものです。家は価格が高く失敗をしないように決めたいもので、長く住むためには新築にすべきだと思いました。