注文住宅で家族みんなの希望を叶えました

PR| 熊本の新築価格の比較 | 豊田市で注文住宅を検討する

前橋市内にZEHの注文住宅を購入したことにより家族みんな特に奥さんの希望や要望を叶えることが出来ました。
私は結婚して3年目に注文住宅を購入しました。子供も出来ましたので、マンション住まいよりも一戸建ての方が自由にのびのびと育てられると考えたからです。
一戸建てを購入するには建売や分譲地ではなく、間取りから外観、各設備に拘れる注文住宅が購入後のここがこうなっていればいいのになどのストレスがないと考えて注文住宅にしました。
注文住宅ですので、土地は自分で選びました。駅からの距離や商業施設からの距離を考慮しましたが、一番気を使ったのは近隣住民の評判でした。近所の方々と問題を起こしているような方がおられる場所は避けました。それらの情報は地元の不動産屋と近所に住む知人から聞き取りを行いました。
少しやらしい話ですが、一生をかけて住む人生最大の買い物ですから問題の種は極力減らしたかったです。
土地が決まった次は、土地のどこにどのように家を建てるか、間取りはどうするかなどです。私はまず、注文住宅業者さんに参考になるプランを提出して頂きました。そのプランを参考に家族の意見を盛り込んでいきます。家族と言っても子供はまだ小さかったので、私と奥さんの意見になりますが、ほぼ奥さんの意見でした。間取りや設備は奥さんの意見を盛り込んで注文業者さんの参考プランを変えていきました。
一番納得しているのは、収納の多さです。間取りの検討を進めると、生活するには不要な箇所(デッドスペースや使い勝手が悪いスペース)は全て収納にしていきました。次に納得しているのはベランダの広さです。壁からせり出せることが出来る最大限でベランダの形状と面積を決めました。キッチンの廻りに洗面所、風呂、洗濯機置き場を配置したのは奥さんの要望であり、奥さんの自慢の部分です。子供部屋と裏庭には気をつけました。子供部屋には日当たりの良い大きな窓と出窓、幅が二間の収納スペースを設置しました。
後悔している点はトイレを2階に設置しなかったことです。間取りを決めている時には必要性は感じていなかったのですが、私の息子は、朝起きたあとに1階のトイレまで我慢できないので、毎朝、ベランダで小便をしていました。
家族の絆はより強固になりました。マンションの時には周囲の方々に迷惑がかける心配がなくなったので、子供と遊ぶ機会や時間は増加しました。
住みやすくて満足のいく家にしたいならば、注文住宅の参考資料を考えましょう。

PR|初値予想|サプリメント|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|心の童話|JALカード|童話|生命保険の口コミ.COM|

コメントを残す